食べる物がない!

「原始人食」

旧石器時代の生活が

私たちの体の根底に刻まれているDNAの記憶。

採集と狩猟で食べ物を得ていた時間はとても長く

なんと約260万年間。

作物を栽培する、家畜を飼う、そんな生活は

始まってまだ1万年程・・・。

圧倒的な時間、歴史を考えると

人間の体に何が適しているか

おのずと答えが見えて来ます。

 

 

そして、とても便利な現代社会。

特に平和(ボケ)日本は最先端の便利さです!

スーパーマーケット、コンビニ、外食店・・・

お金さえあればすぐに食欲を満たすことが出来ます。

どんな時間でもお店は開いています。

ですが・・・・

旧石器時代に戻ったつもりで買い物をしようとすると

買える物がなーーーーーい!!!

 

 

そうなんです。

野菜、果物、普通に農薬や化学肥料が使われているのが一般です。

また、ほとんどの物が品種改良されています。

魚介類、安定供給にはやはり養殖ものが多い中

化学的な飼料を使っていないものの見極めは難しい!

お肉にいたっては一般スーパーなどで自然の状態で育った

お肉を買うことはほぼ不可能!

さらにスーパーマーケットの7割、コンビニに至ってはほぼ100%

扱っている商品は「加工品」

今や自然の物を手に入れるのは至難の業。

そして忙しい毎日の中で加工品を使わず食事を作るのは

かなりきっつい!作業です。

 

pareo2

 

 

 

 

 

 

pareo1

 

 

 

 

 

 

そう、今までどれだけ多くの加工食品を摂り続けて来たか

何が入っているか考えようともせず、安いから、美味しいから

と安易に口に入れる。

その「美味しい」と感じる味覚もすでに加工品に慣れてしまっている。

そんなことを感じ、ぞっとしました。

アレルギー疾患を持つ子ども達は今や普通にたくさんいますが

昔はもっともっと少なかったですよ。

肥満の子もほとんどいませんでした。

私くらい(笑)

 

 

今の安易な食生活が不健康を作り出している。

スーパー食材とうまく付き合いながら

「原始人」になる方法はないか?

犬ママのチャレンジが始まりました。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次の記事

奇跡の田んぼの会