命を繋げる~田んぼ開き2015~

先日、参加している田んぼの会の田んぼ開きでした。

会からの連絡は午後1時から準備、2時から開始とのこと。

では1時に行こう!

となると午前中に我が家の生活用品の買い物を済ませなくては!

と、近所のスーパーへ。

しばらく忙しかったのでスーパーでの買い物も久しぶり。

ついつい長居してしまい、田んぼへ着いたのは2時回ってる!!ヤバっ!

会のボス(笑)佐藤麻由子さんが「ずいぶんゆっくりのお越しで!」

「ははは、ですよね(^_^;)」

「電話したけど、出ないし。いつかけても出ないよね。」

「!!!すみません!!!」

そうなんですよ。よく言われます。

バックに入れちゃうと聞こえないんですよ。

これ、お仕事には致命的(汗)

もう、首からぶら下げているしかないかしら。

にしても。。。麻由子さん、すでに顔が赤い!

いやいやみんなだいぶ前から飲んでるよ、これは。

「麻由子さん、何時に来たの?」

「私は8時くらいかな。」

え?8時?そっから飲んでた?

いや、まさかね。でも酒好きだからな~(^^ゞ

 

聞くと彼女は準備のため8時入り。

みんなのためにひとり黙々と準備をしてくれていたらしい!

美味しいカレーやいろいろなおつまみもたくさん!!

ボス!ありがとうございます!

 

彼女は本当にこの田んぼに熱い想い、情熱を傾け

ここに興味を持って集まってくる人のことをとても大切にしてくれます。

ほんとに小さな場所ですが、昔の自然が少しでも戻ってくるようにと

今年はビオトープ建設予定!

もちろんみんなでの手作りです!

ビオトープ

 

 

 

 

 

 

 

 

お客さんではなく、ちゃんと関わっていきたい。

じゃないと大変な作業ですよ!

みんなで協力すればきっと素敵なビオトープが出来上がると思います✨

子どもの頃近所の沼でよく遊びましたが、その時いた昆虫や水生生物がここにもやってくるとスゴイな。

この近所の子ども達もそんな自然や生き物たちと触れ合う楽しさを知ってほしいな。

そんなワクワクを感じています?

佐藤さんは2014年報告書ということでこの度書籍を出版されました。

honn1

 

 

 

 

 

 

 

 

honn2

 

 

 

 

 

 

 

 

まだほんの少ししか読み進んでいませんが

これを読み終わるとまた「奇跡の田んぼ」への見方が変わるのでは?と感じています。

<ご縁のあるみなさまへ> というページがありました。

このブログを読んでくださっている方がいらっしゃったら、

このご縁をちょっぴりでもお繋ぎしたくページシェアいたします。

gorn

 

 

 

 

 

 

 

 

無農薬のお米は別物の美味しさで、その安心感は何物にも代えられません。

いずれなくなってしまうだろうと指をくわえて見ているのではなく

子ども達の未来のために少しでも残していきたい、繋げていきたい、の思いは

やがて仲間と共に大きな力になって何かが変わっていくのではないでしょうか。

 

今年も田んぼスタートです!

 

 

*佐藤さんの書籍ご興味ある方は分けていただけるようです。

(¥500プラス送料)

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

前の記事

洗濯日和