使わない生活

使わない生活

シャンプーやリンスを使わなくなった経緯は以前書きましたが

同じころから基礎化粧品も止めてしまいました。

理由は「ナノテク」

nano

 

 

 

 

 

 

化粧品をいくら使っても私たちの体には異物が細胞まで入り込まないようにバリアがあるんですね。

だから肌からのアプローチは限界があるんです。

見方を変えればお高い高級なお化粧品もはたしてどこまで効果があるものなのか。

ちょっと疑問でもありました。

今までは・・・。

でも今や、皆さんTVや雑誌などでよく見聞きすると思いますが

「ナノテクによって細胞膜の奥までしっかり浸透♪ プルプルのお肌をしっかりキープ・・・」

そうなんですよ!!

今のお化粧品、ナノ化テクノロジー技術によって成分が細胞膜をくぐり抜けてしまうようになったんです。

成分が奥の奥の奥まで届いちゃうんです!

nano

 

 

 

 

 

これって、どう思いますか?

人の体には意味があってバリア機能があるわけです。

悪い物が体内に入ってもバリアのおかげで細胞自体は守られ変化することは無かったわけです。

 

ナノテクによってお肌に良いとされる成分が細胞の奥まで浸透した時

細胞はどのように反応し体はどのように変化するのか。

これは実際は長い年月経ってみないと分かりません。

もの凄い効果で20代のお肌をキープ出来るようになるかもしれません。

でも、もしかしたら全く考えもしなかった真逆な結果も無いとはいえません。

 

 

バリア機能が働いているので通常なら肌につけても浸透はしない。

科学的に作られた成分はそもそも体には毒。

化粧品にはその毒となる成分も含まれている可能性がある。

ましてやナノテクで細胞内まで入り込む可能性が出て来た。

この4つを考えているうちに、基礎化粧品は無くてもよいものなんじゃないかな~、むしろ無い方が良いんじゃないかな~と考えるようになりました。

で、止めてみたんです。

化粧水も、美容液も、保湿クリームも、オールストップ!!

そりゃあ、ちょっぴり勇気はいりましたよ。

もう、ピチピチ青春女子ではないですからね~。(ピチピチ青春女子って幾つ??笑)

世間からみると、もうありえない無謀さですよ。

でもどうせ誰にも迷惑はかからない。

何より「体が喜ぶに決まってる!」と確信のようなものがありました。

 

現在始めてから7が月を過ぎようとしています。

夏から始め、秋を過ぎ、乾燥する冬場もなんてことなく過ぎようとしています。

肌は今のところ絶好調です。

とても肌が軽くなった感じがします。

原始人食とその他循環改善アイテムで体の中から元気になっている状態だからこそかもしれませんが

化粧品を止めてからの方がお風呂上がりのツッパリ感はなくなりました。

個人差はあると思いますが体の中から綺麗になることをはじめたら、外からのことも考えてみるのが良いと思いますよ。

 

 

何もつけなくても大丈夫と分かり

体の中の長年の毒素?もかなり排出されたころなので(勝手にそう思ってる)

最近新しいスキンケアを試しはじめました。

次回はこのお話を書こうと思います(#^.^#)

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です