自然から遠ざかるほど病気に近づく

心と体とお金の循環改善師、犬ママで~す(^^♪

 

前回は人間のDNAに適合している食べ物は何かをさらっと書いてみました。

今はたくさんの情報が溢れていて、良いと言われる健康法などもたくさんあり、ダイエット法などに至っては常に新しい物が現れては消えていきます。

よくもまあ、次から次へと考えるよなあ~と感心してしまいます。

そのほとんど全てにビジネスが絡んでいるので仕方がないことですが、受け取る側はそこを冷静に考えないといけませんよね。

どこか調子が悪い、太りやすい、お肌がカサカサしちゃう、などなどピンポイントに目が行きがちですがそこを治そうとしても問題解決にはなりません。

気持ちが沈んでしまう、自分に自信が持てない、仕事が上手くいかない、などで抗うつ剤飲んだり(危険です!)セラピーや自己啓発セミナーを受けたりしても問題解決にはなりません(良いセミナーはたくさんありますが自分が良い状態で受けないと生かせません!)。

心と体は繋がっています。

根本的なところから考えないと、本当に変わってはいかないんですよ。

体は何から出来ていますか?

食べ物からですよね!

食べ物を見直すことで体が変わり、思考癖や行動パターンも変わります。

考え方や行動が変わると付き合う人たちも変わり、結果お金にも好かれるようになるのです?

 

 

では何を食べると良いか。

前回は260万年間人は何を食べて来たか、を書きました。

肉、魚、玉子などタンパク質を主に採ると良いとも書きました。

でも最も注意すべき点は「命あるものであるかどうか」

命を繋ぐには命が必要なのです。

これは生命が誕生してから延々と繰り返される自然の掟。

命をいただくからこそ粗末にしてはいけないのです。

感謝の心を持って、命あるものを食べることによって自分の命を繋ぎ、次の世代を生み出すのです。

人工的に作られたものに命はありますか?

今の食生活に多く取り入れられている人工的に作り出されたものを買わないようにするだけでも心と体は大きく変わっていきます。

 

 

中でも一番の注意は甘味料。

そして油。

合成甘味料は今とても種類が多いのですが人体への悪影響は半端じゃなく海外では使用禁止になっている物が多数あります。(日本は儲かるものには規制が緩いので野放し!健康や歯に良いと謳っている物もあります。要注意)禁止になっても次々違う物が出て来ますから。イタチごっこです。

ゼロカロリーの物が多いですが砂糖より太ります(笑)

油に関してもいろいろ手を加えて健康効果を高めているようなものがたくさんありますが工業製品だと考えた方が良い、というか事実工業製品です。

どちらも命あるものとはほど遠いのです。

そして減塩や低カロリーを謳っている食品や調味料などにはこういったものが大量に入っていますから要注意。

 

 

以上のことは今までにも何度も書いてきました。

甘味料と油を見直すことで台所が一気にスッキリします。

市販のタレなどの調味料や加工食品を買うことが無くなります。

味噌、醤油、塩、スパイスやハーブ、油はバターが使いやすいです。

このくらいで十分美味しい料理が作れますし、人工調味料や甘味料を口にしなくなると味覚が鋭敏になってきますから素材の味をより楽しむことが出来るようになります。

特にお子様は舌の回復が早いと思います。

 

 

何事もほどほどが一番なのであまり厳格にならず食材選び自体を楽しんじゃうことが大切ですよ~~?

迷った時にはより自然なのはどっちか。原始時代ならどうするか。なんて考えてみてください。

ヒポクラテスの名言で「人は自然から遠ざかるほど病気に近づく」と言う言葉があります。

まさに今の時代ではないでしょうか。

逆に自然に近づくことで病気を寄せ付けない丈夫な心と体になっていく!ということです!

女性なら高価なお化粧品に頼らなくても内側から自然な美しさがにじみ出てくるようになれば嬉しいですよね?!

 

 

食べ物はどんな名医よりもどんなお化粧品よりも優れています。

より自然なものを美味しくいただき質の高い毎日を送りたいものです。

 

今日も最後まで読んでいただきありがとうございます💖

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です