体内記憶

体内記憶を語る子ども達がいます。

「温かいお湯の中で遊んでいた。」

「明るい時と暗い時があってパパとママの声が聞こえた。」

「おへそに紐がくっついていた。」

などとお話するようです。

さらに生まれる前のことを話す子も。

 

うちの娘も2~3歳くらいの時よく話していました。

ある日突然「ユメは昔ショドとバアバと暮らしてたんだ。」

「すごく遠い所で楽しかったけど、行っといでと言われてママのところに来た。」

「ママが一番優しそうだったから。」

こんなことをしょっちゅう言ってました。

とにかくおしゃべりが大好きな子だったので「ショドとバアバ」はよく登場していました。

4歳を過ぎる頃から登場しなくなり今聞くと「え?何それ?」と、すっかり忘れています。

誘導するようなことを言わず、ただ「ふーん、そうだったの。」と聞くようにしていましたが

聞くたびに命の不思議を感じていました。

aka

 

 

 

 

 

人は皆、何かしらの使命を持って生まれてくるのだと言います。

そして、決して偶然ではなく親を選んで生まれてくる。

親も子も共に成長し合うよう「ご縁」で繋がっているのですね。

選び、選ばれた関係。

何とも愛おしい。

子供は決して親の所有物ではなく一人の別な人格。

選ばれたからにはその子が自分らしく使命を全う出来るように、応援をしてあげなくてはいけません。

丈夫で健康な心と体を作ってあげたい。

「ショドとバアバ」の事を話していた時期の娘を思い出しながら

私も何かしらの使命を持ってこの世にやって来たのだろう。

家族のために、世の中のために、何が出来るんだろう。

ふとそんなことを考えました。

 

妊活中のカップルは意識してくださいね?

貴方たちの願う赤ちゃんは貴方たちを選んでやってくるのです。

いつも笑顔で幸せオーラをアピールしてくださいね?

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です