抜け毛の原因?

私には娘が二人います。

上の娘は大学生、セイカ。

下の娘は小学3年生、ユメカ。

まあ、まあ、いろいろありまして、歳が離れているわけですが。

下の子は犬ママ45歳の時に生まれました。

どうしても欲しかった二人目の子。

妊娠が判った時には心底神様に感謝しました。

そして無事に出産。

病気が多い子でしたが、大病までは至らず何とか人並みに育っていきました。

ですが徐々に気になることが。。。

 

気になるのは髪の毛。

上の子はふわふわのねこっ毛でツヤツヤでしたが

下の子はごわっとしていて艶も無くなんだか質が悪い感じ。

「歳とってからの子だからかな~」

心の中で「ごめんね」と言いながらお高いシャンプーやリンスを買いました。

というのも市販の子供用シャンプーを使うと

めちゃ髪の毛が抜けるんです!

毎朝起きると、ベッドに髪の毛がゴッソリ!

このままだとハゲちゃうんじゃないの??

ちょっとホラーな光景を見ながら「もっと良いシャンプー探そう」

といろいろ調べました。

kami4

 

 

 

 

 

 

で、ある日「経皮毒」という事を知りました。

皮膚から化学物質の毒素が吸収されて体内に溜まっていく。

毒素は女性の場合子宮に溜まっていくのだそうです。

毒素まみれの子宮で育つ胎児。

生まれた時すでに病気になりやすい体質になっているのかもしれません。

髪の毛は体の中から生えて来るもの。

体内の毒素を排出する器官では?と考えると髪の毛の質の悪さ

と病気がちな体質が繋がっているように感じました。

 

界面活性剤の危険を避けるため活性剤不使用のシャンプー類を

いろいろ試していましたが

もしかしてそれだけではないのかも・・・

 

そもそもシャンプーはいつから使われているのか。

その前は石鹸。

その前は?

使わないと何か問題があるのでしょうか?

どれを使うか考えるよりも、一度リセットして必要に応じて

必要なものをチョイスして行こう。

そう決めて実験生活に入りました。

「シャンプーとリンスを止めてみる」

 

お湯だけでしっかりと洗いました。

臭ったりするかも?と心配で10分くらい。

始めはかなりドキドキでしたよ。

ごわごわで収集つかなくなる覚悟でした。

ところが数日後・・・

何を使ってもあまり変わらなかった娘の抜け毛が

劇的に変化したんです!

あっという間にほとんど気にならなくなりました。

原因はシャンプーとリンスだったんだ!

これだけが原因だったかどうかは解りませんが

少なくても使わない方向が良いということは間違いありません。

 

こうして当たり前のものと考える洗脳された脳みそを

切り替えるきっかけを娘の髪の毛によって与えられたのです。

 

 

現在我が家ではほとんどシャンプーとリンスは使っていません。

私の髪の毛にはハリやコシが出てきました。

娘の髪は徐々に艶が出てきています。

そして、とても心配だった「臭い」について。

なんと使わなくなってからの方が臭はなくなったんです!

お風呂に入って寝て、朝髪の毛をとかす時すでに

ちょっと汗臭くなってたんですが、徐々に臭いが減ってきました。

これは皮膚上の常在菌の働きのようです。

常在菌についてはまた次回書きますね。

シャンプーという化学物質によって必要な菌まで死滅してしまい

さらに毛穴からシャンプーの成分が体内に侵入しているのです。

 

 

皆さん、素敵な香りに包まれて洗いあがりしっとりスベスベ?

なんて言ってる場合ではありませんよ!

せめてシャンプーの香りが無くなるまでしっかりこれでもか

というくらいよ~く流して下さいね!

 

それでは また!

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

前の記事

幸福について