時を超えての学び

皆さんこんにちは!心と体とお金の循環改善師、犬ママで~す?

 

最近、四柱推命を学び直しています。

四柱推命とは中国の陰陽五行説から生まれ、農耕民族が暦を元に様々な吉凶を占い自然界のリズムに沿った生き方をするために研究された人生の指針となる学問です。

どんな人も必ず持っている才能や素晴らしい部分を最大限に生かし、その人のリズムにあった生き方をすることが一番の幸せに繋がると思うのですが、自分の持っている物に気付かないと無駄にエネルギーと時間を使い、時には輝くことが出来ないまま一生を終えてしまうかもしれません。

それはとても勿体ないことだと思います。

自分らしく輝く人生を作るための羅針盤の一つが四柱推命だと思っています。

 

私は子供の頃、偶然書店で見つけた占いの本に興味を持ちそこからいろいろな本を読み漁りながら自己流で自分や家族、お友達などを視てあげていました。まるっきりお遊びの粋ですが、次第に当たるか外れるかではなく統計学としての四柱推命の不思議さに興味を持ちました。

とはいえ四柱推命の命式を自分で作るのはとても難しく、簡略的に視れる状態にしてくれている書籍などで割り出し自分はどんな人間なのか、どんな生き方をすれば良いのかなどの参考にしていました。

悩み多き10代20代の頃のことです。

そんな指針があったから人生楽に過ごして来たかというと全くそんなことは無く、間違いだらけ傷だらけ(笑)

やってはダメと言われるとやりたくなる、そもそも都合の良いことしか理解していない、変なところで突っ走ってしまい玉砕!

それも今思うととっても自分らしいなあと納得なのですが(;^ω^)

 

大人になり、四柱推命や易、占星術などをお仕事とされていらっしゃる方とのご縁が増えて来てとても「私も勉強してるんです」などと恥ずかしくて言えず先生方のお話しを聞かせていただきながら考え方の参考にさせていただいておりました。

そして、そんな機会がある度にこういった占術を編出した先代の人々はどんな想いでまとめ上げていったのだろうと、その膨大な時間と労力に畏敬の念を覚えておりました。

全ての物事にはリズム(波)があり絶好調の時もあれば停滞期もある。

たくさんの人と一緒に活動することが喜びの人もいれば、一人で何かを極めて行くことが使命の人もいる。

そして必要な時期に必要な人とのご縁が生まれるのもまた不思議なものですが、そういったことが何百年もの間の統計である程度掴むことが出来るとしたら活用する方が絶対得だなあと思うのです。

 

 

ビジネス交流会を主催している関係からか、いろいろな方から仕事や健康に関するご相談などをいただくこともあるのですがその度に相手の方により為になるお話しがしたいと思っていました。

とにかく売り上げを伸ばしたい、クライアントを増やしたい、と言いながらどうもお金にあまり興味がなさそうな方も結構いらっしゃるのです。

案外その人の仕事の喜びは違うところにあって本人は気付いていないのかもしれません。

その人の本質にあったやり方でビジネスを展開すればもっと楽しく収入をアップ出来るかもしれないのです。

そんなことを考えていた時にふと「もう一度四柱推命を、今度はしっかり学び直そうかな」と思い勉強を始めています。

 

小学生の頃に出会った四柱推命。

自分の人生の節目節目に自分なりに指針としてきた四柱推命。

うん十年経った今やっと本格的に学ぶこととなりました。

自分らしい人生を歩むためのアドバイスとなる学問。

お仕事のことだけではなく夫婦関係、親子関係などはちょっと見方が変わるとその後の人生がとっても明るくなる可能性がいっぱいあるのです。

たくさんの方のお役に立つことに繋がって行くと嬉しいなと思います(*^^*)

 

 

今日も最後まで読んでいただきありがとうございます💖

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です