綺麗も健康も腸内環境にあり!

こんにちは!心と体とお金の循環改善師、犬ママで~す?

今日は腸のお話しをしようと思います。

「腸が大事」って最近ずいぶん聞くようになって来ましたね。

腸もみセラピストさんなども登場し、腸の大切さや健康との関係などお話しされている方も増えて来ました。

 

腸の不調はは直接腸の症状(便秘や軟便、IBS(過敏性腸症候群)など)だけでなく体の様々な部分で現れる病気や状態と関係しています。

皮膚の疾患

食物アレルギーなどのアレルギー疾患

炎症系疾患

イライラや不眠などの状態

など様々な症状と腸は深く関わっています。

ではなぜ腸が原因なのでしょう。

腸の中で何が起こっているのでしょうか。

 

食べたり飲んだりしたものはいろいろな器官で小さくなり腸に届き腸壁から必要な栄養が吸収され、いらない物は排泄へと向かいます。

こうして得た栄養がエネルギーとなり私たちは命を繋いでいるわけです。

腸は体に必要なものかいらない物かをジャッジしている「門番」でもあるわけです。

この門番が炎症を起こし腸に穴が空いた状態になるのが「リーキーガット」。

こうなることで本来体に吸収される状態ではないものが腸を通り抜け血中に入り込んでしまい様々な症状が起こってしまうのです。

では、なんでリーキーガットとなってしまうのでしょう。

 

その大きな原因の一つは「腸カンジダ菌」

カンジダは菌類とか真菌とか呼ばれる微生物なのですが、腸だけではなく皮膚や口の中などいろいろなところに存在します。

特殊な物ではなく誰の体にも普通に存在している菌なのです。

ですがこの腸カンジダ菌は「糖」が大好物!

糖を取り込みガスを出し、毒素を出し、腸管を傷付けて行き、穴を大きくしてしまいます。

現代は砂糖の何千倍何万倍という甘さをもつ甘味料(遺伝子組み換えコーンから作られています)が安く流通しているため、たくさんの加工食品に大量に含まれています。

こういった糖類を食べることによって腸カンジダ菌は大量発生しリーキーガットを引き起こすのです。

リーキーガットの起こる原因は腸カンジダ菌だけではありませんがかなり大きなウエイトを占めているようです。

合成や人工の甘味料はとても種類が多く使用禁止になってもまた新しい物が現れその甘さも驚異的!

ブドウ糖果糖液糖ほか、アスパルテーム、スクラロース、アドバンテーム、などたくさんの種類があり、ありとあらゆる(と言っていいほど)加工食品や飲料水、ベビーフードや粉ミルクなどに至るまで使われているのが現状です。(粉ミルクは添加物の塊です。母乳の出が少ないママは母乳ケアや代替えになるもののお話しをランチ会などを通じてさせていただいております。)

食品を買い求める時には必ず裏面の表示を確認してくださいね。(最近はその表示をすり抜けるシステムもあり全てを確認できるわけではありませんが、習慣を付けるべきことだと思います。)

 

では糖質を控える他にリーキーガットから腸を守る方法はないのでしょうか。

カンジダ菌の抑制には「シナモン」が良いようです。

シナモンパウダーでもいいのですが、最近はシナモンと似たカシアというものをシナモンとして売っていたりします。

カンジダ菌にはカシアでは逆効果になってしまうようです。

なのでお勧めはシナモンスティック?

シナモンもカシアも一見見分けにくいのですが、クシュっときっちり巻き込まれているのがシナモン。

木の皮が大雑把に巻かれている状態なのがカシアです。

 

 

 

 

 

 

 

これはシナモン

 

 

 

 

 

これがカシア

違いは分かりますか?

 

 

ゆっくりシナモンティーなど飲みながらストレスを軽減して、ついでにリーキーガットも防いで健康な腸内環境を作っていきたいものです。

 

腸内環境を整えるてアレルギーや鬱、不眠症などを軽減する方法や、ご要望があれば赤ちゃんのミルクの代替えなどのシェアなど自分や家族の健康を作り出すことをお話しするランチ会を開催いたします。

綺麗になっちゃうランチ会

 

今日も最後まで読んでいただきありがとうございます💖

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次の記事

時を超えての学び