幸せホルモン

メリークリスマス💖

こんにちは~、犬ママです(*^▽^*)

 

 

キリストが生まれた日がクリスマスと言われていますが

本当はウソだとか

経済効果を上げるための戦略だとか

いろいろな話もありますが

(私も実はそう思っている一人ではありますが)

楽しい気分、幸せな気持ち、になれるとしたら

それはそれでいいのではないでしょうか。

 

 

大切なパートナーや子供たちにプレゼントを渡す。

その時の相手が喜ぶ顔を見て自分も幸せを感じる瞬間

「オキシトシン」というホルモンが出ていると言われています。

別名「愛情ホルモン」「信頼ホルモン」「抱擁ホルモン」と言われています。

自閉症、認知症などに応用が見込まれて研究されているホルモンです。

 

 

オキシトシンの効果をもっと詳しく見ると、

  • カップルが親近感や愛着感を持つ
  • 絆を深める
  • 赤ちゃんに対する愛情が深まる
  • 不安や恐怖を減らす
  • 痛みを和らげる
  • 幸せな気分になる
  • 社交的になる
  • 親密な人間関係を結ぼうと思う
  • 信頼の気持ちが増える
  • 心や脳が癒されてストレスを緩和する
  • 食べ過ぎを防ぐ(満腹感が得られる)
  • 体温の上昇(褐色細胞が活発に動いて脂肪を燃やす)
  • 美肌
  • 記憶力アップ
  • 女子力アップ
  • 感染予防
  • 筋肉の回復力アップ

など様々な効果があるようです。

ちなみに、最後の筋肉の回復力ですが、リオオリンピックの女子マラソン金メダリスト、

ケニヤのジェミマ・スムゴング選手から分かったそうです。

スムゴング選手は一児の母になってから、マラソンの記録が飛躍的に伸びたのですが、

その裏には、オキシトシンが関係していたという研究データがあるのだとか。

 

 

これは何となく私も体感があります。

子供を持つ前にはとても無理だと思っていた子供を抱っこし、買い物袋を複数ぶら下げ

ぐずる子供に歌まで歌って何十分も歩き回る芸当(笑)

(オリンピックの話から一気に庶民になり、すみません(^▽^;))

オキシトシンだけの問題ではないかもしれませんが

母になって確実に筋力は増したと思います。

母は強し

実は文字通りなんですね~~!

 

 

このホルモンは人間だけではなく、動物にも当てはまるようです。

肉食獣が、ケガをして動けなくなった本来エサであるはずの

小動物の赤ん坊を守る場面などは複数目撃されているようです。

母性本能の元、オキシトシンの力は3大欲求である食欲をも超える力があるということです。

感動です!!

 

 

オキシトシンを含んでいる食べ物や、食べるとオキシトシンが増える食べ物は、

残念ながらまだ分かってはいないようです。

でもある一定の行動をすることで、脳の中でどんどん作られるようです。

例えば、

  • 人に親切な行いをする
  • ハグや抱擁、握手などスキンシップを多くする
  • 異性と目を見つめあう
  • 相手を思いやる
  • 一緒にスポーツをする
  • 映画、ドラマ、本、漫画で感動する
  • ほめる
  • ペットの目を見たり、じゃれさせる(特に犬)
  • キスをする
  • 友達とカラオケや食事に行く
  • プレゼントを贈る
  • おしゃべりをする
  • なるべく一緒に食事をする
  • 他の人に触れたり、触れられる
  • 朝日を浴びる
  • 朝、夕方に散歩する
  • 腹式呼吸をする

などなど

相手の事を大切に考えて、感動する毎日を送っていく事が大事なようです。

 

 

世界的なイベントでもあるクリスマス。

せっかくのこの機会に

家族で会話や食事を楽しんだり

思いっきりベタベタしたり

感動の映画など見て涙したり

他人に親切にしたり

して幸せホルモン「オキシトシン」効果を感じてみてはいかがでしょうか。

 

 

ではでは

楽しいクリスマスをお過ごしください✨

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

前の記事

一緒に

次の記事

発酵とダイエット